デザイン住宅と注文住宅の違いとは?

デザイン住宅と注文住宅の違いとは?

お洒落な家が注目されていますし、今どんどん登場しているデザイン住宅は要ちぇっくです。
自分の理想とするようなインテリアをテーマとしていたり、そこからどんどんアレンジをしていくこともできます。
なんとなく似たような意味合いとして捉えられがちではありますが、注文住宅とはどういった違いがあるのか解説をしていきいましょう。
まず大きな違いはデザイン住宅の場合は企画されていて、出来上がっているものを購入するスタイルであることが多いです。
一方注文住宅の場合は土地を選ぶことからはじまり、設計や内装や外構に至るまで一から10まで自分で決めることができる点です。
もちろん予算との兼ね合いもありますので、全てが思い通りになるというわけではありませんが、要望を形にしてもらうことができるというのが注目したい点です。
デザイン住宅の場合はデザイナーズにあたることはあたりますが、一から10まで好きにできるという意味合いではありません。

デザイン住宅にはどんな種類があるか解説!

デザイン住宅の種類はたくさんあり、和風や洋風、モダンなど様々です。
和風とは日本でもよく見られる引き戸の玄関や、木を使用した外装が多いデザインです。
和風の他に和風モダンというものがあり、現代風にアレンジした住宅です。
洋風は海外に多い住宅で、壁がレンガやタイルでできており窓の形やドアの形がアーチ形になっている住宅もあります。
ベランダやバルコニーは特に力をいれた家は、洋風が多いです。
モダンな家は、現代的なデザインで家に見えないような個性的なデザインです。
屋根が無かったり、窓も大きい物や小さい物があったり自分の個性を表すことができます。
その他には、北欧風の家や、山小屋のようなウッドハウスなどもあります。
デザイン住宅は、建物のイメージを決めることが重要です。
自分がどんな家に住みたいか明確にしておきましょう。
シンプルな形はあまり費用がかかりませんが、複雑な形にすればするほど建築費用が高くなるので注意が必要です。

デザイン住宅に関する情報サイト
デザイン住宅購入のポイント

このサイトでは、デザイン住宅に住むために知っておくべき、新築や中古購入する際のポイントを紹介しています。二つとないモダンな家、家族のライフスタイルに合わせた家など、見た目にも住み心地のうえでも憧れますよね。 ただ「なんとなくハードルが高そう」「予算は足りるかな?」など不安に思う方もいるかもしれません。しかし要点を押さえれば問題ありません。このサイトで、注文住宅との違いや建てる際の費用など基本的な情報を知っていただき、理想の暮らしへ近づかれますよう応援しています。

Search