デザイン住宅を建てる費用はどのくらいかかる?

デザイン住宅を建てる費用はどのくらいかかる?

デザイン住宅は注文住宅よりもグレードが高いものであり、一般的に金額も高いことが多いです。
費用が高いのは、デザイン住宅はデザイナーや建築士に依頼することが多く企画から設計まで携わっていくこと、自分だけのマイホームにすることができ、さらに素材や内装もおしゃれなものでそろえることができることが理由としてあげられます。
デザイン住宅の場合価格の幅は大変広く、1千万円で建てることもできれば5千万円ほどかかることもあります。
こだわりの家とはその人の考え方によるものであり、シンプルでかつオシャレにしたい場合は、内装にそれほどこだわりを持つことがありませんし、逆に誰の家にもないような雰囲気にしたい場合はコストがかかってきます。
一般的には注文住宅とさほど変わらない費用となりますが、工期が長くすぐに住むことはできません。
一つ一つ丁寧に作り上げていくので、何度も打ち合わせをする必要があり、それに付随する様々なお金が発生しています。

デザイン住宅のおしゃれな家に住むには?相場とは

新型コロナウイルス感染症の影響で、家にお金を掛け、住まいの居心地のよさにこだわる方も増えたことでしょう。
それまでは会社にいる時間が長かったという方も、「おうち時間」が長くなったことにより、くつろぎの空間の重要さを感じたはずです。
特に住み心地だけではなく、おしゃれにこだわりたい方にとっては、デザイン住宅は憧れの住まいです。
そこで、デザイン住宅の相場はいくらくらいなのか、紹介しますので、今後の家づくりの参考にされてみてください。
まず家を建てようと思ったときに、「どこに建てるのか」によって大きな差がでます。
相場が高くなりがちなのは首都圏で、だいたい50坪程度で建設費に3500万は掛かると言われています。
近畿圏の場合であれば3300万円程度です。
そして地方になると約3000万円ほどで、首都圏と地方とで500万円は金額に差が出ると言えるでしょう。
また、建設費だけではなく、これから土地を購入する方はその土地の代金も発生するのです。

デザイン住宅に関する情報サイト
デザイン住宅購入のポイント

このサイトでは、デザイン住宅に住むために知っておくべき、新築や中古購入する際のポイントを紹介しています。二つとないモダンな家、家族のライフスタイルに合わせた家など、見た目にも住み心地のうえでも憧れますよね。 ただ「なんとなくハードルが高そう」「予算は足りるかな?」など不安に思う方もいるかもしれません。しかし要点を押さえれば問題ありません。このサイトで、注文住宅との違いや建てる際の費用など基本的な情報を知っていただき、理想の暮らしへ近づかれますよう応援しています。

Search